忍者ブログ

LAL 昭和な気まぐれ飛行機

LALのブログです。 http://eisl.kan-be.com/index.html

プログラム書法

神田神保町の古本屋、特に明倫館書店さんにはずいぶんとお世話になりました。それと書泉グランデさん、いっつも立ち読みばかりしていてすみませんでした。たまには買ったのですけど。なにしろ当時は貧乏学生だったもので、どうぞお許しください。

さて、この本はたぶん神保町で買ったのだったと思います。カーニハンとプルーガーによるものです。


技巧的なプログラムはやめておこうというのが印象に残っています。素直にやっていることをコードにした方がわかりやすいからです。あまりに技巧的なことをやると墓穴を掘ることがありますし、後日、修正のために見直すときに自分のコードを解読するハメになります。


これの影響もあって、Lispコードを書く時は当たり前の制御構造だけを使います。LOOPマクロを使うなんて私には考えられません。また、マクロもLispの特長ではありますが、技巧的、やりすぎなマクロは後でわけがわからなくなるように私には思えました。

Easy-ISLispのコンパイラも普通の制御構文だけで書いてます。マクロを使ったのは型推論のコードの極一部だけです。

リスパーの中には私と真逆の立場をとる人が多いみたいです。私はどうも異端児でしたねぇ。(笑い)

Elixirに移ったら違和感がまったくありません。ElixirのJoseさん、この本、読んだのではないかなぁ?(推測ですよ)

PR

コメント

プロフィール

HN:
笹川
性別:
非公開

P R